必須等級や恒星の色あいなどについて勉強してた

星について勉学しました。BD+36°2147の様式のカテゴリーは、7.49等だ。層周視差は0.392″だ。道程は8.3光年だ。シリウスの様式のカテゴリーは、−1.44等だ。層周視差は0.379″だ。道程は8.6光年だ。実際の明るさを比較するためには、すべての恒星を10パーセクの道程において見たと仮想したときのカテゴリーを用います。こういうカテゴリーを強制カテゴリーといいます。日の強制カテゴリーは4.9カテゴリーで、日は他の恒星とくらべてとくに詳しい恒星ではなく、ごく標準的な恒星であるといえます。オリオン座のペテルギウスは赤味わいをおび、リゲルは青白く輝いています。そういった恒星の色合いの違いは、恒星の見せかけ気温がことなるためです。見せかけ温度の高い恒星ほど波長の少ない灯を深く出していらっしゃる。すなわち、青い恒星は赤い恒星より見せかけ温度が高いだ。このようなことを覚えましたが、知らないことがほとんどだったので知れて良かったですし、勉強になりました。ミュゼ 変更